ブログランキングへ登録しております。 応援の1クリックを!

2013年09月09日

チューンナップ 〜点火系強化〜

実はこのブログは遡って思い出しながら書いてます。
折角、20年ぶりにバイクにリターンしたんだし、何か形に残して置いた方が
良いなと思い、急遽このブログを立ち上げました。

自分の知合いのRHさんも「沖縄ゼファークラブ」と銘打ってブログを立ち上げ
地元交流していますので、自分も何か人の輪が広がれば良いなぁと思っております。

さて、今日は最近行った点火系チューニングについてです。
マニアックな内容でファンを惹きつけている「まめしば」さんのブログで読んだ記事です。

一次電圧昇圧回路

この記事に拠ると、バッテリーからイグニッションコイルに12Vの直流電源が供給されていますが、これを昇圧することで、点火プラグの電圧を上げることができ、失火防止、トルクの向上が見込めるとの事です。
また、この昇圧装置をつける前に、経年劣化による電圧降下が起きているので、バッテリーからリレーを介してイグニッションコイルへ電源供給してあげることでも効果があるとの事。

昇圧回路を作成した「ツイントップ」さんの配線図を見ると、普通のリレーを装着している配線図でした。
リレー本体が何らかの対策を施したスペシャルパーツなのかもしれませんが、配線図を見る限り、市販のリレーで充分応用できそうです。

早速、近くのホームセンターに行き、リレーを物色しました。
「エーモン」のリレーが¥980で売っていたのでこちらを購入しました。

リレー.jpg


休みの日に電圧チェックと取付けを行います。
まずは、シートを外します。
IMG_2386.jpg

イグニッションキーをONにして、バッテリーの電圧を測定します。
IMG_2391.jpg
大体、12.5Vですね。

続いて、タンクも外してイグニッションコイル側の一次電圧を測定します。
IMG_2388.jpg

IMG_2392.jpg
こちらは、11.9V位ですね。
おおよそ、0.6V程電圧降下しています。

しかし、たったの0.6V。これはわざわざリレーを使って電線を引っ張る程でもないのでは無いか?
正直そんな気がしてきました。
だけど、折角リレーやギボシ端子も買って来たのに使わないのは勿体無いです。
せめて1V位電圧降下していれば、期待できたのですが・・・。

まぁ、折角なんで作業開始します。
IMG_2390.jpg

この辺りにリレー本体を固定してと・・・
IMG_2393.jpg

これで、各配線を行い、タンクを組んでエンジンを始動します。

「キュッ、ブロローン」

あれっ?いまセル一発で掛からなかった?
おかしいな。自分のマシンは22年前のC2なので真夏の炎天下でもチョークを引かないと
エンジンはまず掛かりません。
これは、もしかしてリレーのお陰か?

半信半疑のまま、シートを組み試乗してみます。
明らかに、発進から低速域の回転の仕方が軽くなり、トルクも増しています。

これは良いぞ・・・。
たった0.6Vの電圧降下を元の12.5Vに戻して上げただけの事です。
本格的に回してみます。
3000、4000、5000・・・非常にスムーズです。
排気音も違います。
いままでは、湿った感じの音だったのですが、今は乾いた、少しだけ高い音に
変わっています。
どちらかと言う事、今の方が気持ちの良い音です。

しかし、6000回転以上になると息つきを起し、パワーが出ません。
あれっ?キャブの負圧ホースが外れたかな?
最初、そう思いました。
脇にバイクを寄せて点検しますが、異常はありません。
おかしいな・・・これはあきらかにフィーリングが違う。
上のパワーが出ない。燃料が薄いみたいだ・・・。

推測ですが、たった0.6V昇圧しただけでも2次電圧側のスパークプラグからは相当な電圧昇華があり、今まで燃やしきれていない燃料をほぼ完全燃焼に近い形で燃やしたので、薄く成っているのではないか?

推測が正しければこれは凄い事です。
たった¥980のリレーを使ってバッテリーから電源を取っただけでここまで効果があったとしたら、何というコストパフォーマンスでしょうか。
推測を確かめるべく、プラグを外してみると「真っ白」。
「あしたのジョー」の様です。

6000回転以上での現象なので、メインジェットを上げれば良さそうですが、今は番数の高いメインジェットは持っていません。
100円ショップに行って、台所用スポンジを購入し、エアクリーナーの入口半分に突っ込みました。
これで、空気量が減って、相対的に燃料が濃くなるはず。
これで試乗したところ、回転上昇による息つき、もたつきがなくなりレッドゾーンまでスムーズに回ります。

これで、メインジェットを上げたらどうなるのか・・・
リレーキット装着による効果が予想以上に良かったのと、副産物としてメインジェットをあげる楽しみが増えました。


posted by kenken at 14:41| Comment(6) | TrackBack(0) | TUNE UP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。
新潟でゼファー750をかれこれ20年乗っている者です。
これからもゼファーと末永く付き合っていくために、いろいろと記事を読みあさっておりましたらこちらにたどり着きました。
94年型であちここちくたびれて来てせめて本来の性能を取り戻したいと
私もエーモンリレー装着に大変興味を持ち取り付けたいと思い、すでに同じリレーは購入済みなのですが説明を読みながら画像とにらめっこしておりますが、いかんせんド素人なもので??なのでお助けください。
ボヤ〜っとした想像の範囲でしかありませんがバッテリーの+から直接コードを伸ばしてエーモンリレーにつなぎ二又ギボシを使いリレーから2つのIGコイルにつなぐでよろしいのですか?
雪が降る前までには元気に走らせたいと思いますので何卒よろしくお願いします。
Posted by ゼファー250 at 2015年09月05日 18:17
ゼファー250さん

初めまして。
リレーの装着は仰る方法でOKです。
安全の為、バッテリーとリレーの間には、必ずヒューズを入れて下さいね。
リレーには、元々イグニッションコイルに接続されている12V線をリレーにスイッチとして接続して下さい。
大分、始動性が変わりますよ。
Posted by kenken at 2015年09月05日 18:39
早速のアドバイスありがとうございます。
ヒューズは考えておりませんでした・・・早速明日にでも買いにいきますが何アンペアを使えばよいですか?
ド素人で申し訳ありません。
Posted by ゼファー250 at 2015年09月05日 19:53
ゼファー250さん

ヒューズは、30Aあれば大丈夫です。
バッテリーとヒューズBOXは、直付けして下さいね。
ギボシで繋ぐと、万一外れた場合、保護回路が無いので危険です。
Posted by kenken at 2015年09月05日 20:05
色々とありがとうございます。
早速チャレンジしたいと思います。
Posted by ゼファー250 at 2015年09月05日 21:05
はじめまして、大変興味があります。2又にした黄色の線のつなぎ先はIGコイルのどこに接続するのでしょうか? 青線はイグニッションコイルに接続されている12V線の何処につなぐのでしょうか?ぜひご教授下さい。宜しくお願い致します。
Posted by RS at 2018年12月21日 22:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。