ブログランキングへ登録しております。 応援の1クリックを!

2014年11月22日

大人のおもちゃ 〜エンジン・オーバーホール 2 ヘッドカバー取り外し編〜

大人のおもちゃシリーズ改め、エンジンO/Hシリーズ。

今回は、主に写真で進捗状況をご報告です。

まずは、もう一度外観写真。

IMG_3056.jpg

IMG_3062.jpg

IMG_3058.jpg



IMG_3057.jpg


全体的にオイル漏れ、白錆が酷いです。
室内保管の物を買えば良かったかなと若干、後悔。



IMG_3063.jpg

IMG_3064.jpg

IMG_3067.jpg

早速間違い発見。
1番刻印のカムキャップの向きが逆。

IMG_3065.jpg
IMG_3071.jpg
IMG_3072.jpg


2つ目の間違い。
吸気側カムシャフトが歯車1個分遅角で組まれています。
正しくは「Z7EX」のラインと「IN」の間にチェーンのピン45個分が正解。
このエンジンは46個。
吸気バルブの開き始めがその分遅れています。
つまり、パワーダウンしている。


IMG_3083.jpg


IMG_3088.jpg

IMG_3084.jpg

IMG_3087.jpg

IMG_3086.jpg

IMG_3085.jpg

ヘッドを外して、ピストンとご対面。
想定内ですが、バルブリセス(逃げ)がカーボンで埋まっていて殆ど見えません。

IMG_3089.jpg

IMG_3090.jpg

IMG_3091.jpg

IMG_3092.jpg

IMG_3093.jpg

燃焼室もバルブもカーボンで一杯。
気筒毎に湿っている、乾いているの違いがあります。


写真を良く使うので、ブログの容量がもう直ぐ一杯です。
近い内にブログを引っ越すかも知れないです。

次は、バルブとピストンの取り出しです。


posted by kenken at 19:11| 沖縄 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Engin Over hole | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 大人のオモチャの振動は・・・2ストの方が凄いです。乗っているとお股に凄くきます。

 カムタイミングがずれてますけど、不幸中の幸いでバルブとピストンの打痕がありません。

 カーボンは溶剤に付けて、沸点近くでグツグツで取れやすくなります。私は真鍮製のブラシで電ドリで取りましたけど。ゴム部品を外してグツグツがいいかもしれませんよwww

今、同じような事を350でやってます^^
Posted by ガッツ at 2014年11月24日 18:24
ガッツさん

こんばんは!
ピストンとバルブも溶剤でグツグツしました。
続きはまたアップしますね。
Posted by kenken at 2014年11月24日 18:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。