ブログランキングへ登録しております。 応援の1クリックを!

2014年12月11日

電気系統トラブル

先日、秋の陽気に誘われて、一人で辺戸岬までツーリングに行って来ました。

読谷〜名護〜東村〜国頭村といつもツーリングで行く道程を行って来ました。

日曜日だと沢山のバイクで賑わうガソリンスタンドも売店もほぼ誰も居ません。

平日のツーリングは自分のペースでゆったりと走れるので良いです。

さて、辺戸岬を廻って、帰りに安波ダムに寄ってみました。

IMG_3270.jpg

IMG_3271.jpg

IMG_3269.jpg

まだ、ノーマルマフラーに戻す前です。

IMG_3267.jpg
↑アハダムって書いてあります。カタカナで書くと「アホダム」と誤読しそうになります。(笑)

最近バイクの調子が悪いです。
セルは回るのですが、エンジンが掛からないと言う症状が最近多発しているのです。

この安波ダムで休憩後、走り出そうとしてもエンジンが掛かりません。

暫らくそのままにして置くと、掛かったりするのでこの日も暫らく放置したのち、何事も無かったかの様にエンジンは掛かりました。

しかし、こう言った小さい予兆は見逃さない方が良いです。
バイクが危険信号を発しているのに、それを無視するとロクな事が起こりません。

帰り道、名護の大浦湾からオリオンビール工場まで快適に走っていました。

が、突然走行中にエンストしました。

エンストする直前に「パンッ!」と大きな破裂音と共にエンジンストップ。

一瞬、エンジンブローしたのかと思いました。

幸い下り坂を走行している時に止まったので、そのまま坂道の慣性を利用して押し掛しました。

クラッチを繋いで何とかエンジンは息を吹き返しました。

しかし、坂道を下りきってオリオンビールの工場前に来た時、クラッチを切るとエンジンもそのまま止まりました。

セルボタンを押しても、ウンともスンとも言いません。

平坦な道に来たので、助走を付けて押し掛けを試みましたが、ダメ。

全く掛かりません。

途方に暮れた時、バイク屋に電話してみました。

「恐らく、バッテリーが上がっているから、ヘッドライトのヒューズを抜いて押しがけしてみて」
との事。

成程、消費電力を抑えてその分を点火プラグに廻そうって事ね。
確かに、電圧計を見ると9.8Vしか電圧がありません。

どこかのタイミングで、充電されなくなってしまったようです。

200kgの車体を今度は、上がり坂目掛けて押して行きます。

しかし、重い・・・・

坂を200m程登った所で、バイクに跨り、坂道を下りて行きます。
充分にスピードが乗ったところで、ギアを入れてクラッチを繋ぎます。

・・・ダメ。

「体力の限界です・・・」
千代の富士の引退記者会見の様な台詞を掃きつつ、自走を諦めました。

確か、任意保険でロードサービスが付いてたよな・・・

アウトバンも引き揚げに来てくれると言ってくれてますが、宜野湾から名護まで来てもらうのも悪いな・・・。

そんな事が頭をもたげて、レッカーを呼びました。

なんか、最近レッカーと縁があるな・・・。

家について、早速レギュレーターを点検しました。

IMG_3272.jpg
見事にカプラーが焦げています。ヤバイですよね・・・。

IMG_3275.jpg
レギュレーター側の端子も変な方向に。

過充電なのでしょうか?
レギュレーターで出力電圧を制御出来ていない?

とりあえず、サービスマニュアルに則って、テスターで各端子間の抵抗値を測定してみましたが、正常です。
サービスマニュアルには、抵抗値以外にも、豆電球と12Vバッテリー3個を使ってテストする方法が記載されているのですが、バッテリー3個も、豆電球も持ってないのでパス。

取りあえず出来る事として、この焦げたカプラーを交換する位しか出来ない。
「沖縄電子」に行って同型のカプラーを購入しました。
IMG_3278.jpg
レギュレーターが怪しいのですが、念の為、ピックアップコイル、ICイグナイター、オルタネーターもチェックしました。
異常は見当たりません。

バッテリーを交換すると、何事も無かったかの様にエンジンは始動します。

そう言えば、今付いているバッテリーはこの間、ビキニカウルを購入する際に、送料を無料にする為に一緒に購入した激安品でした。

良く中華バッテリーはすぐダメになると聞いていましたが、まさかバッテリーが原因?

レギュレーター含む、充電、スターター系統は、問題無しと出ているので、バッテリーなのかも。

念の為、ゼファー750のエンジンを購入した人にレギュレーターとイグニッションコイル、イグナイターを借りて来て原因を確認中です。

この間、関東ローカルゼファークラブの椿さんが、昇圧回路がトラぶったと連絡を受けたばかりでしたので、一瞬そこも疑いましたが、そこは大丈夫でした。

今は、充電器でしっかり充電した別のバッテリーを乗せて走っています。

気になるのが、走行中に電圧計が15.4V位まで上がる事です。
サービスマニュアルでは14-15Vと記載されているのですが、上がりすぎでしょうか?


posted by kenken at 16:06| 沖縄 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大変ですたね・・・・。

電圧15.4vは上がりすぎなので、レギュレーター制御してない可能性もあります。
焦レギュレーターたコネクターの画像を見ると、ダイナモからの三相の一ヶ所とレギュレーターからの出力一ヶ所が焦げてますね!

バッテリーとの受け渡しが上手く行かず、余った電気がダイナモに戻り過ぎかもしれません。

それか私も経験ありますが、ダイナモの所の三極コネクターが劣化してレギュレーターとの受け渡しが上手く行かず、レギュレーター側の6極コネクターが焼けた経験がありますよー!
結局、ダイナモからのハーネスを作り直しレギュレーターも交換しました。

他のメンバーも、2人ダイナモの三極コネクターが原因でバッテリー上がりした(>_<)
Posted by 椿 at 2014年12月11日 17:57
椿さん

コメントあざーす!
15.4Vやっぱり電圧高いですよね。
オルタネーター側チェックした限りでは問題無さげでしたが、様子見てみます。
これが原因でバッテリー上がった方もいらっしゃるんですね。

情報ありがとうございます。
大変為になります。
Posted by kenken at 2014年12月11日 18:42
初めまして!
私はZRX400に乗ってるのですが、同じ症状でバイク屋さんもまだ原因が掴めないということなのでメールさせてもらいました。
症状としては、セルは回るのにエンジンが掛からずキーをオンオフし直したり、5分くらい待って掛けるとすんなり掛かったりします。
走行中の不具合は、今の所まったくありません。
その後原因はわかりましたでしょうか?
Posted by あきら at 2018年11月28日 12:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。