ブログランキングへ登録しております。 応援の1クリックを!

2014年12月24日

イグニッションスイッチのメンテナンス

以前から、エンジンの掛かりが悪くなっているという事をこのブログで書いてきました。
エンジンが冷えている時は掛かるのですが、走行して暫らくするとエンジンが始動出来なくなると言う症状です。

例えば、朝エンジンを掛けてガソリンスタンドまで行き給油。
給油が終わってエンジンを掛けようとするとセルは回るけど、始動しない。

この様な症状が最近酷くなっていました。

イグニッションコイルが寿命に近づくとこの様な症状が出るとの事でしたので、スペアのイグニッションコイルに交換して、暫らくは順調に使用できていました。

しかし、12/23の作田さんの講習会でまたもや始動困難の症状が出てしまいました。

バイク屋さんの主催するイベントでしたので、アウトバンの城間さんに見てもらったところ、鍵をカチカチとON、OFFを数回繰り返したら掛かる様になりました。
原因は、イグニッションスイッチの接触不良との事。

「イグニッションスイッチをバラすと、端子が見えるから、それを平な場所にペーパーを置いて銅の色が出てくるまで磨けば大丈夫」
とのアドバイスを頂きました。

早速、家に帰ってイグニッションスイッチをバラしてみました。
イグニッションスイッチといってもキーシリンダーは外さなくても良いです。

写真撮り忘れましたが、ヘッドライト、ヘッドライトステー、メーターのロアケースを外せばアクセス出来ます。
特殊工具として、小さいトルクスレンチが必要ですが、それさえあれば直ぐに外せます。

IMG_3504.jpg
↑上記のキーシリンダー下部からハーネスが出ている部分を外します。

IMG_3500.jpg
↑これが、北斗七星・・・ ではなくイグニッションスイッチの端子。
解りづらいですが、黒ずんでいて、接触が悪そうな部分がありました。
この部分をペーパー当てて磨きます。

IMG_3502.jpg
↑これがキーを廻した時に接触する端子。

これで暫らく様子を見てみます。
もし、皆さんの中でセルは回るけど、エンジンの掛かりが悪い症状が出ていましたら、一度点検をお奨めいたします。


posted by kenken at 11:34| 沖縄 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!

勉強になりますね〜(^_^)ノ
自分のも正月休みを利用してバラしてみます!
Posted by 椿 at 2014年12月24日 13:17
椿さん

結構、悩まされた症状でしたのでコレで良くなる事を祈っています。
椿さんも同じ様な症状が出ているのでしょうか?
Posted by kenken at 2014年12月24日 13:28
 スイッチボックスの中にも同じような部品があり、そこも旧車は腐食しやすかったりします。メインキーの接点とか、スイッチボックスの中とかは気が付きにくくて難儀しますよね。

 沖縄の湿気に関係するのでしょうかね???南関東の冬はカラカラに乾燥してる分、夏の湿度が物凄いですw
Posted by ガッツ at 2014年12月29日 16:17
ガッツさん

自分のゼファーも23年経過しているので、症状の原因が解らなくて難儀しました。
昨日少し症状が出たのですが、直ぐに直りましたので、本当の原因がここなのか経過観察中です。
Posted by kenken at 2014年12月29日 16:40
とても参考になりました!
コイル、プラグ、コード全部換えてガス来てるのに2.3番吹かなかったり、4番だけ吹いたり、お手上げだったので、試してみます
ありがとうございます!
Posted by かさかさ at 2016年05月07日 19:56
かさかささん

コメントへの返信が遅くなりました。申し訳ございません。
何が原因かは判りませんので、この記事の内容がお役に立てるかはわからないです。

この記事は、セルは回るけどエンジンが掛からない時の一因としての内容です。

エンジンは掛かるけど、吹け上がりが良く無いと言うことなら、別の原因である可能性が高いかも知れません。
Posted by kenken at 2016年05月27日 21:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。