ブログランキングへ登録しております。 応援の1クリックを!

2016年02月27日

消え行くもの・・・


なんて、今更書くと、病院に連れて行かれそうな2月下旬の今日この頃、
皆様如何お過ごしでしょうか?

もう、2016年もそろそろ3月になりますね。

沖縄では、一足先に桜が満開で、もう直ぐ散りゆく季節。

さて、さて、

「漢(おとこ)カワサキ」


バイクに乗らない人も、どこかで聞いた事があるフレーズかも知れない。


何故「漢(おとこ)カワサキ」なのか?
何故、「男」では無く「漢」の字を使うのか?


は、次の機会に譲るとして、今現在、カワサキ正規取扱店で新車として買える
「漢(おとこ)カワサキ」と呼べるのは、個人的にこの1台だ。


daeg.jpg

「ZRX-1200DAEG」


名車Z1R、
77Z1-R_1.jpg

Z1000MKU、
Z1000MK2.jpg

Z1000J/R、
82Z1000R_2.jpg

そしてZRXシリーズと受け継がれる直線基調の男らしい角張ったデザイン。


「カッコえぇ〜...」


黒のレザースーツを羽織って、こいつに乗れば、街のショーウィンドウに映ったアイツも、きっとこちらを見ている事だろう。


このZRXシリーズ、実は、初代のZRX1100から数えると軽く20年以上は販売しているロングセラーモデル。

こんなに長く売れ続けている人気モデルなのだ。

しかし、そろそろ販売終了するんじゃないかって噂がちらほら。

何故なら、今年の平成28年は新しい排気ガス規制が始まる年なのだ。


今年の10月以降から販売される新車は、現在の排気ガスの基準値より、最大約6割低い水準に引き下げる規制強化が行われるのだ。


最近では、2007年の排気ガス規制強化により、自動二輪車からキャブレター車が消えた。

もう、あっちゅう間に消えた。

世界一美しいバイクと絶賛されている我がゼファーシリーズもこの年を最後に消えた。

あの時、どれだけ多くの人が


「新車で買えるウチに買っとけば良かった...」


と、枕を涙で濡らした事か。


歴史は繰り返す。


今度は、このZRX1200DAEGが消えるかも知れない。


往年の名車Z1000Rを彷彿とさせる、角ばったタンクとビキニカウルが実にカッコいいバイクだ。


勿論、現行車なので部品供給もメンテナンスもノープロブレムだ。

旧車と違い、部品探しに血眼になってオークションサイトをパトロールしなくても良いのだ。

最も、
「いや〜、Zだから、部品が無くて困るんだよね〜」

なんて、嬉しそうにオークションサイトをパトロールしている人には、余計なお世話かもしれない。

とにかく、今年は、ZRX1200DAEGが新車で買える最後の年かもしれないのだ。


バイクに限らずだが、手に入らないと解った時ほど、無性に欲しくなるのが人の性なのだから。

もう一度、言う。

「歴史は繰り返す」

世界一美しいバイクと絶賛されている我がゼファーシリーズが消えた翌年、どれだけ多くの人が


「新車で買えるウチに買っとけば良かった...」


と、枕を涙で濡らした事か。

私も欲しい。
消えるかも知れないとフラグが付いているんだから、とても欲しい。

しかし、金持ちになる途中の私には今は難しい・・・。

皆さんは如何でしょか?

ZRXが好きな方は、大勢いると思います。


ZRX1200DAEGが気になるそんな貴方は、アウトバン:098-897-7143
担当:城間さんにお電話していただき、


「ゼファー750のkenkenの紹介で」


と言って頂ければ、お得な情報を耳打ちしてくれるかも知れません。
但し、沖縄県内の店舗なので、県内在住の方に限ります。



posted by kenken at 14:59| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月23日

カートランドデビュー

昨日の9/22は、ツーリング仲間のMASAさんに誘われて、八重瀬町にあるカートランドに行ってきました。

IMG_5886.JPG

台数は10台前後居たかな?
以前から、存在は知っていたのですが、大体が平日の走行会の為、中々参加出来ずにいました。

私は、初めて走る為、最初は慎重にコースを恐る恐るゆっくりと走行しました。

アスファルトが古く、滑り易い感じです。

中には、走り慣れた人も居て膝すりしながらコーナーを抜けて行きます。


ZEPHYRクラブのツーリングでご一緒する事が多いMASAさん。
GSX1400から、写真のDR400Zに乗り換えてからは、ジムカーナーやここのカートランドで腕を磨いています。
IMG_5890.JPG

コースを走らせると、メッチャ速くてビックリ。
後ろから何度も煽られ、自分が後ろに付くと、あっという間に離されてしまいました・・・。

IMG_5892.JPG
↑一所懸命走っています。(笑)

IMG_5893.JPG


少しずつ慣れてきたので、速度を上げてみました。
自分的には、限界まで攻めているのですが、他のメンバーに軽く千切られる速度です。

ここ具志頭カートランドですが、初回走行時には、ライセンス登録料3,000円と、使用料2,000円で朝9時から17時まで、タップリ走れます。
勿論2回目からは、2,000円だけでOK。
とってもリーズナブルです。

コース自体は、狭いですが、自分のZEPHYR750だと2速全開で約100km程スピードも出ますし、コーナーも多いので、腕を磨くには最適です。
沖縄にお住まいの方で、興味をお持ちの方は、一緒に走ってみませんか?
コメント欄に記入頂ければ、追ってご連絡いたします。
posted by kenken at 10:08| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月15日

車検 〜Vehicle inspection〜

オーバーホールしNewエンジンも搭載した事ですし、車検も丁度切れる所でしたので、ユーザー車検にチャレンジしてきました。

平日休みを利用して陸運事務所に直接持ち込むのですが、最近は、インターネットで予約しないといけないみたい。
ネット環境を持っていない人はユーザー車検を受ける権利すら無いのでしょうか?

車検当日は、かなりの雨。
カッパを羽織って、浦添市の陸運事務所まで行きます。
本番のラインに通す前に、テスター屋さんで予備検査を受けてきました。

ブレーキや、スピードメーター等はOK。
光軸がちょっと上を向いているので、ヘッドライトの調整ネジで調整しようとしたら、「ネジが舐めていて回せません」との事。
シートから少しお尻を浮かすと大丈夫なので、本番でもそうしてくださいとの事。

アドバイスを受け、早速、陸運事務所へ。

IMG_5449.jpg

ここに来て、ある重大な事に気付く。

「納税証明書を家に忘れたーー!!」

片道40分も掛けて来たのに、また自宅に書類を取りに戻りました。
もう一度陸運事務所に付いたときには、受付締め切りの10分前。

窓口の方に「急いで下さい!」と急かされながら、印紙や必要な書類を購入し記入。

ラインには締め切り2分前と言うギリギリで間に合いました。

IMG_5448.jpg

本番では、言われた様に光軸検査の時にはお尻を浮かして、アイドリングを3000回転まで上げて一発OK。
目視検査でも、フルノーマルに戻してあるので全く問題なし。
晴れて、車検合格となりました。

IMG_5450.jpg

初めてユーザー車検にチャレンジしましたが、今はネットで簡単に情報が引き出せるので、本当に簡単でした。

しかも沖縄は、他府県と異なり自賠責保険が安いみたいです。
私のは24ヶ月の自賠責保険が5040円でした。

車検通すのに掛かった費用はトータルで12,000円ぐらいでおつりがでましたよ。
皆さんも平日休みが取れるなら是非チャレンジしてみてください。

余ったお金は、ガソリンとタイヤ代に回せます。
posted by kenken at 15:40| 沖縄 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月24日

作田選手ジムカーナ講習会

12/23(火・祝)に宜野座村で、ジムカーナA級選手である作田さんによるジムカーナ講習会が行われました。
主催は、宜野湾市のアウトバン。

国内トップクラスの選手が直々に手ほどきして頂ける機会なんてそうありませんので、すぐにエントリーしました。

当日は晴天に恵まれ、良いバイク日和でした。

IMG_3491.jpg

↑アウトバンレディースのメンバー。
今回、ガードナー子は来ていませんでした。

IMG_3492.jpg

IMG_3487 (1).jpg

↑作田選手のマシン。今回はご自身のバイクを持ち込んで頂きました。

IMG_3488.jpg
↑皆さん興味深々で舐める様に見回しています。
作田さんが説明をしています。

IMG_3489.jpg

IMG_3490.jpg

↑皆にマシンの説明をしています。
吸気は基本ノーマルで、輸出仕様の吸気部品を使っているそうです。
マフラーは・・・メーカー名忘れました。
エンジン、キャブレターはノーマルでした。
Rショックは、DEAG用のオーリンズを流用していました。
勿論、作田さんオリジナルのバンパーも装着済み。


講習会は、コースを覚える為に作田さんを先頭に慣熟走行を行い、その後タイムアタックを行いました。
今回は、大浜さんが自前の光電管を持ち込んでくれたので、ストップウォッチの誤差がありません。
凄く正確に測定できます。

私の1回目のタイムは57秒いくつか。
アウトバンの一番速い人である、神谷さんは43秒台。
ちなみに神谷さんとは、沖縄のジムカーナのトップクラスの選手です。

沖縄ジムカーナ11月リザルト

自分は、やっぱり下位クラスですね・・・。
皆速い。

一通り僕らのタイムアタックが終わった所で、作田選手のタイムアタック。


カメラの準備が間に合わず、途中からの撮影となりましたが、なんと、驚愕の41秒台。
沖縄トップの選手に2秒の差を付けています。さすが全国レベル・・・。

午前のタイムアタックが終了したところで、今度は初心者、女性ライダーの慣熟走行とタイムアタック。
その間に僕らは、すきやき弁当を頂きました。
なんと、今回の講習会には弁当も込みで入っていました!

午後もそれぞれコースを走りまくったのですが、コースの一部で砂が浮いているところがあり、自分同じ所で2回転倒してしまいました。
タコメーターのケースと、右側のウインカーレンズを破損してしまいました。
エンジンスライダーを装着していたお陰で、コレ位の損傷ですみました。
エンジンやマフラーは無事です。

午後3時頃に作田さんに普段の練習方法についてレクチャーを受けました。

作田さん曰く「8の字に始まって、8の字に終わる」との事です。
とにかく、8の字の練習の中にオートバイ操作の全てが詰まっているとの事。

しっかりと肝に銘じておきます。

そんなこんなで夕方4時頃まで走りました。
非常に中身の濃い1日でした。

IMG_3508-2.jpg

posted by kenken at 11:11| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月24日

名護サーキットよ、さようなら

気がつけば前回の記事を書いてから、1ヶ月以上更新してません。
ツーリングのPART2を書くつもりでいましたが、なんか最近忙しく更新が中々できませんでした。

で、もう今更1ヶ月以上前のツーリングの様子を書いても、読む人も面白くないと思うし、書く自分も記憶が薄れて難しい。(笑)
しかも、前回の記事後、沖縄ZEPHYR CLUBのツーリング2回とBBQパーティーを2回、アウトバンのツーリングも2回と結構充実してたりして、オートバイライフを満喫してたりします。

それらのイベントもめっちゃ楽しかったのですが、既に他の人がブログに掲載していますので、気になる方はそちらをご覧下さい。


7月ツーリング PART2

8月ツーリング&BBQ

9月BBQ


なので、今回は、去った9/28に行われた「アウトバン杯 ジムカーナ大会」についてレポートいたします。


9/28(日) 曇り。曇り

前日に台風台風が沖縄本島の西側をかすめて通過した為、前日までは雨でしたが、幸い私の日頃の行いが良いせいで、ジムカーナ当日は雨も無く、良い具合で太陽が雲に隠れて絶好のお天気でした。

ハイ。晴れれば良いってもんじゃないっす。
まっ、それでも思いっきり日焼けしたんですけどね。

知っている人は知っている、知らない人は知らないと思いますが、今月で名護サーキットが閉鎖します。
がびーん!!がく〜(落胆した顔)
なんでも、閉鎖後は太陽光発電所になるとの事。
ガソリンとタイヤを消費する場所から、エコな電気を作る場所への変換。
時代ですね。

最後の名護サーキットと言う事で「絶対に参加せねば!」と意気込んで名護まで行ってきました。

今回は主催者のアウトバンさんも気合が入っています。
通常は「練習会」のみですが、今回はタイムアタックも行いますし、エクストリームのパフォーマンスショウもあるとの事。
これもとても楽しみなんです!

私もその熱意に当てられ、朝8:30には、遠く離れた名護サーキットに到着しておりました。
のぼり立てから、パイロンの設置などをお手伝いし、無事コースも出来上がりました。

IMG_2273.jpg
ちょっと判りづらいですが、操さん曰く上から見ると「Ninja」の文字にしたとの事。
本当かよっ!

台数も結構集まっております。
IMG_2272.jpg

エントリー台数を確認すると38台。
1つのショップで開催する規模では結構多目の参加台数だと思います。
見学のみのギャラリーもいらっしゃいましたので、現地にはバイク、バイク、バイク。

写真は撮り忘れたのですが、お隣のコースでは軽自動車のジムカーナも開催されていました。
(参加された方で写真や動画撮影された方、連絡下さい)


我が愛車は、前回の事を教訓に今回はミラーを取り外し。
ビキニカウルは既に割れて、取り外しています。

IMG_2274.jpg IMG_2275.jpg


参加台数が多いので、「GREEN MONSTER」と「RED BULL」の2チームに分かれて、チーム毎に慣熟走行と練習を開始します。
(誰か、写真持っている人下さーい)

最初はコースが覚えきれず、何度かコースから外れてしまいました。
何度か廻るうちに何とか覚えてきて、徐々にスピードを上げていきます。
今回で、練習会は3回目の参加なのですがやっぱり腕が無いですなぁ・・。 

午前中の第一ヒートはトップが51’56。
対して私は1”01’07。
な、なんと9秒差。全く話になりませんでした。

そして、恐るべきは、アウトバンレディースの面々。
午前の女性のトップタイムは55’93。
私よりも約5秒も速い。
見ていても、綺麗なフォームでフォークを沈めて、スッと車体を左右に切り替えして行き、本当に上手いなぁーと惚れ惚れするライディングなんですよ。コレが。

トップと比べて約4秒の差があるんですけど、なんとこの女性は自分のバイクを持っていないんです。

意味解ります?

「バイク、モッテナイノ、ワ・タ・シ」 
「I don't have motor cycle」 

「ワタシ、タニンノバイクデ、ハシリダス。15ノヨル」

アウトバンが所有している練習マシンのCB400SF(教習車仕様。馬力は抑えられている)でのタイムなんです。

解ります?
自分のバイクを持たない、20代の女の子が38歳のバイクを持っているおっさんより遥かに速いのです。

ホントは、ちんこ生えた白バイ隊員か、ワインガードナーの娘なんじゃなかろうか?
ドラゴンボールの孫悟空の様に、股をパンパンしたくなる衝動を抑えつつ、敗北感を噛み締めるのでした。



1回目のタイムアタックが終わり、お待ちかねのショータイム。



実は、生でエクストリームを見るのは今回が初めて。
いつもは、動画でしか見たことが無かったので、生の迫力に感激でした。

上手いなぁ〜、上手いなぁ〜。
ギャラリーからの歓声と拍手を受けて、ノリノリみたいでした。

彼等は、「沖縄スポーツバイク フリースタイル協会」と言います。
興味ある方はこちらも。


さて、良いもんも見れたし、昼食を5分で済ませ、お昼時間フリーになったコースで黙々と練習開始です。

「見ておれ、ガードナー子!!」

そして迎えた2回目のタイムアタック。
59’31。 1秒76縮めたが、ガードナー子の足元にも及びません。

ガードナー子の2回目のタイムアタックは53’56。
おーい。どこに行くんだよお前は。

なんだかんだで、いつもおちょくっているM美さんにもコンマ数秒で負けてもうたし、練習だなこりゃ。
ちなみにM美さんとは、Ninja400に乗っている姿が、まるで2000ccのマシンに乗ってるの?と錯覚する程、小柄な女性です。
別名「Ninja2000のM美」。

ここまで書くと、割とあっさりしていますが、トップの人なんかは50秒切っちゃって49秒台が2名もいたりします。
びっくりです。

相手チームの練習時間中とタイムアタック中はコースから締め出されるので、端っこの練習コースで8の字をやってたりして、なんだかんだで、朝から夕方までずーと、バイクに乗れて幸せな時間でした。
楽しいよ〜。

大会も終わり、最後に表彰式を行いましたが、ガードナー子は女性ながら上位5名に入る程の実力の持ち主でした。
なんでも、沖縄バイクジムカーナでも女性部門で3位に入っているとか。

で、その沖縄バイクジムカーナですが、今大会の上位者が表彰台に立てない程の激戦レベル。

正直、アウトバンの上位者って滅茶苦茶上手いんですよ。
そんな彼等が表彰台に立てないってどういう事なのかと、目を疑いたくなります。
疑い過ぎて、参加メンバー全員がガードナーや、ローソン、スペンサーの隠し子じゃないかと思っちゃいます。
うん。きっとそうだ。


という事で、表彰式が終わったあとは、名護サーキットの主と思わしき女性に感謝の気持ちを込めて、花束贈呈です。

IMG_2280.jpg IMG_2281.jpg

最後の挨拶として、本日の参加者の面々、主催者アウトバンさんへの感謝のお言葉を頂きましたが、途中、声を詰まらせて涙を必死で堪えている姿に、じーんときちゃいます。
最後の写真、目頭押さえてます。

思えば、18の時、車の免許を取ったのをきっかけにバイクを降りました。
友達が四輪のジムカーナに参戦するってことでこの名護サーキットに来たのが初めてでした。
あれから、20年。

今度は自分がバイクでジムカーナを楽しむことになり、通う事になった名護サーキット。
決して、上手くは無いですが夢中になってハンドルを切り、時にはコケて、買ったばかりのカウルを割ったりと色々ありましたが、楽しい思い出も一杯あります。

きっと、沖縄に居る大勢の車、バイク野郎達がお世話になった名護サーキット。
ゆかり牧場や伊計サーキットが閉鎖しても、頑張ってきた名護サーキット。

環境問題や騒音問題、少子高齢化によるモータースポーツ離れによる、経営状況の悪化等、苦境は沢山あったと思いますが、これまで長きに渡って営業されてきた、経営者の方に心より感謝の気持ちを伝えます。

名護サーキットさん、これまで、本当にありがとうございました。

そして、今年当選した、沖縄市のくわえ市長。

いよいよ、貴方が公約に掲げた「沖縄市にサーキットを創る」が、これまで以上に期待が掛かっています。
是非、実現させてください!

posted by kenken at 21:41| 沖縄 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月30日

さようならNGC、おかえり、モリワキ。

NGCマフラーをお借りしてから、早2ヵ月半。
以前に装着した直後のインプレを記載しましたが、そろそろお返ししないとイケない時期になりましたので、今回取り外します。
元々のモリワキショート管を取付けます。

前に切断寸前だったモリワキショートですが、現在は修理は完了しています。
IMG_0255.jpg
↑今年3月のマフラー。切断寸前です。


IMG_0624.jpg
↑「アウトバン」で溶接して貰いました。

この間、シャーシダイナモでパワーチェックした際、エキパイの根元から排気漏れしていたのが発覚したので今回、新品のガスケットを注文して取付ます。
IMG_0617.jpg
↑注文したガスケット

IMG_0618.jpg
↑割りカラーも新品に交換します。

IMG_0619.jpg
ガスケットはそのまま、エキマニに付けてもポロリと落ちてしまうので、瞬間接着剤でくっつけています。

IMG_0620.jpg
割りカラーも瞬間接着剤でくっ付けています。
こうしないと、装着は非常に難しいです。


とりあえず、マフラー外したついでにオイル交換します。
IMG_0613.jpg
実は、今回マフラーに追加加工してあります。

A/F計を取付ける為のセンサーボスを溶接しました。
IMG_0626.jpg
A/F計の取付については、また次回に。

オイル交換後、懐かしのモリワキを取付ます。
IMG_0621.jpg
無骨な感じがかっこいいです。

IMG_0628.jpg
引きの図。

IMG_0647.jpg
上:NGC
下:モリワキショート管
エキパイの張り出し具合が違う。

新品ガスケットに交換しているので、一度暖気してからエンジンを止め、少し温度が下がったところで、エキマニのナットを増し締めします。
久しぶりのモリワキですが、やっぱりちょっと音が大きいです。
車検対応なので、音量的には問題ない筈ですが、NGCの静かなアイドリング音に慣れてしまった今の耳には、少々大きく感じます。
乗り出して、NGCとの違いに神経を集中させます。

一番最初にインプレした時とほぼ同じ感想なのですが、エンジンブレーキが強くなっています。
一番がっかりしたのは、高回転まで回しても音質が変化しない事です。
NGCの場合は5,000回転以降、本領発揮とばかりに音が「クォーン」と変化して気持ちの良い音がします。
その音と共に一番トルクが盛り上がる6,500回転からレッドゾーンの10,000回転までアッと言う間に回り、気持ちの良い加速をしました。

そして、今回モリワキに戻して一番顕著に感じたのが、振動。
NGCだと5,000回転から「クォーン」と音が変わりパワーバンドに入るところが、モリワキの場合、振動に変わります。
これにはビックリしました。

確かに以前にも、NGCに換えた所、「振動が減った」とインプレ記事を書いてましたが、今回乗ってみたところ、「振動が減った」なんて表現は控え目だと感じてしまう位、振動が酷いです。

本来なら一番おいしいところである5,000回転以降が、不快な振動に変わってしまっているのです。
何故なんだろう?と考えてみましたが、エキパイがNGCと比較して細いので排気が詰まっている様な感触です。
抜けきれていない排気エネルギーが、行き場を失い、マフラー内部で反響を繰り返す内に、振動に変換されているのかも知れないと素人ながらには感じます。

マフラーでこんなにも変わるものなのかと、今更ながら驚きます。

外してみて、改めてNGCの良さが判りました。
NGCマフラーは本当にいいマフラーでした。
ああ・・・、次はキャブレターを換えたいなと考えていたのですが、先にNGCマフラーが欲しくなりました・・・。
posted by kenken at 10:43| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月23日

ジムカーナ

昨日4/22(火)にアウトバン主催のジムカーナ練習会に参加してきました。

名護サーキットまでの道のりで、セッティングを変更したばかりのキャブレターとラジアルポンプマスターシリンダーの様子を見つつ楽しんできました。
キャブの吹け上がりが最高です。ブレーキのコントロールも良い感じです。
目的地に着くまでの間、ニヤニヤしながら楽しかったです。

名護サーキットに到着すると、すでにコースで練習会が行われていました。
IMG_0387.jpg

IMG_0389.jpg

IMG_0392.jpg

IMG_0391.jpg

早速自分もコースに入ります。
コースが判らないので、オヤジこと、アウトバンの社長に先導してもらい2,3週コースを廻りました。
今回のコースはスタート直後に2連スラロームがあり、その後ヘアピンの折返し、大きく加速できる大きなカーブ、ゆるいカーブ上に置かれたスラローム等難所がいくつかあります。

2ヶ月振りの練習会だったので、最初はおっかなビックリでしたが、コースに慣れたところで、思い切りアクセルを開けていきました。
しかし、常連の皆さんの速い事、速い事。
自分が前を走ると、後ろから煽られまくり、後ろに付くとジリジリと引き離されていき、レベルの違いを思い知らされました。

ジムカーナ.jpg

途中途中、休憩を入れながら走りましたが、ゆるいカーブ上のスラロームで転倒しちゃいました。
どうやって転んだのかイマイチ判らず、気付いたらゼファーの右側が下になって倒れこんでいました。
すぐにキルスイッチでエンジンを切って、ゼファーを起したのですが、幸いエンジンスライダーを装着していたので、スライダーが傷ついた位で、エンジン始動、ブレーキペダル、ギヤペダル、ミラー、その他大丈夫そうです。

一旦コースから出て、もう一度ゼファーを見ると、ビキニカウルが割れていました・・・。
しまった・・・、今日に限ってビキニカウルを外すのを忘れていました。
いつもなら、ミラーと一緒にカウルも外すのですが・・・。
修理には13,000円係るそうです。
色々、部品を購入したので痛い出費です。

IMG_0393.jpg
posted by kenken at 11:58| Comment(2) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。