ブログランキングへ登録しております。 応援の1クリックを!

2014年12月24日

イグニッションスイッチのメンテナンス

以前から、エンジンの掛かりが悪くなっているという事をこのブログで書いてきました。
エンジンが冷えている時は掛かるのですが、走行して暫らくするとエンジンが始動出来なくなると言う症状です。

例えば、朝エンジンを掛けてガソリンスタンドまで行き給油。
給油が終わってエンジンを掛けようとするとセルは回るけど、始動しない。

この様な症状が最近酷くなっていました。

イグニッションコイルが寿命に近づくとこの様な症状が出るとの事でしたので、スペアのイグニッションコイルに交換して、暫らくは順調に使用できていました。

しかし、12/23の作田さんの講習会でまたもや始動困難の症状が出てしまいました。

バイク屋さんの主催するイベントでしたので、アウトバンの城間さんに見てもらったところ、鍵をカチカチとON、OFFを数回繰り返したら掛かる様になりました。
原因は、イグニッションスイッチの接触不良との事。

「イグニッションスイッチをバラすと、端子が見えるから、それを平な場所にペーパーを置いて銅の色が出てくるまで磨けば大丈夫」
とのアドバイスを頂きました。

早速、家に帰ってイグニッションスイッチをバラしてみました。
イグニッションスイッチといってもキーシリンダーは外さなくても良いです。

写真撮り忘れましたが、ヘッドライト、ヘッドライトステー、メーターのロアケースを外せばアクセス出来ます。
特殊工具として、小さいトルクスレンチが必要ですが、それさえあれば直ぐに外せます。

IMG_3504.jpg
↑上記のキーシリンダー下部からハーネスが出ている部分を外します。

IMG_3500.jpg
↑これが、北斗七星・・・ ではなくイグニッションスイッチの端子。
解りづらいですが、黒ずんでいて、接触が悪そうな部分がありました。
この部分をペーパー当てて磨きます。

IMG_3502.jpg
↑これがキーを廻した時に接触する端子。

これで暫らく様子を見てみます。
もし、皆さんの中でセルは回るけど、エンジンの掛かりが悪い症状が出ていましたら、一度点検をお奨めいたします。


posted by kenken at 11:34| 沖縄 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月13日

レギュレーター交換

先日、ツーリング中にエンストした話を書きました。

焦げたカプラーを交換し、バッテリーを充電して走っていますが、走行中4速や5速だと電圧計が15Vを超えているのが不安です。

サービスマニュアルには、「14-15V」と明記されていますので、明らかにおかしい。

私の空燃比計には電圧計が入っていて、ピークホールド機能も付いています。

IMG_3411.jpg

↑ピークホールド表示。MAXで16.2Vと表示されており、明らかに異常です。

レギュレーターが電圧を制御出来なくなっているみたいです。
過充電でバッテリーに良くないと思われますので、お借りしているレギュレーターに入れ替えて試走してみました。

IMG_3412.jpg
↑交換したレギュレーターの電圧。MAXで14.2V。
こちらが正常ですね。

レギュレーターが異常だった事が解り、一安心していましたが、またもやエンジンが掛からなくなるトラブル発生です。

うーん・・・、イグニッションコイルもダメなのかな?
今日は時間も無いので、次回イグニッションコイルも交換してみて、様子を見たいと思います。
posted by kenken at 10:44| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月11日

電気系統トラブル

先日、秋の陽気に誘われて、一人で辺戸岬までツーリングに行って来ました。

読谷〜名護〜東村〜国頭村といつもツーリングで行く道程を行って来ました。

日曜日だと沢山のバイクで賑わうガソリンスタンドも売店もほぼ誰も居ません。

平日のツーリングは自分のペースでゆったりと走れるので良いです。

さて、辺戸岬を廻って、帰りに安波ダムに寄ってみました。

IMG_3270.jpg

IMG_3271.jpg

IMG_3269.jpg

まだ、ノーマルマフラーに戻す前です。

IMG_3267.jpg
↑アハダムって書いてあります。カタカナで書くと「アホダム」と誤読しそうになります。(笑)

最近バイクの調子が悪いです。
セルは回るのですが、エンジンが掛からないと言う症状が最近多発しているのです。

この安波ダムで休憩後、走り出そうとしてもエンジンが掛かりません。

暫らくそのままにして置くと、掛かったりするのでこの日も暫らく放置したのち、何事も無かったかの様にエンジンは掛かりました。

しかし、こう言った小さい予兆は見逃さない方が良いです。
バイクが危険信号を発しているのに、それを無視するとロクな事が起こりません。

帰り道、名護の大浦湾からオリオンビール工場まで快適に走っていました。

が、突然走行中にエンストしました。

エンストする直前に「パンッ!」と大きな破裂音と共にエンジンストップ。

一瞬、エンジンブローしたのかと思いました。

幸い下り坂を走行している時に止まったので、そのまま坂道の慣性を利用して押し掛しました。

クラッチを繋いで何とかエンジンは息を吹き返しました。

しかし、坂道を下りきってオリオンビールの工場前に来た時、クラッチを切るとエンジンもそのまま止まりました。

セルボタンを押しても、ウンともスンとも言いません。

平坦な道に来たので、助走を付けて押し掛けを試みましたが、ダメ。

全く掛かりません。

途方に暮れた時、バイク屋に電話してみました。

「恐らく、バッテリーが上がっているから、ヘッドライトのヒューズを抜いて押しがけしてみて」
との事。

成程、消費電力を抑えてその分を点火プラグに廻そうって事ね。
確かに、電圧計を見ると9.8Vしか電圧がありません。

どこかのタイミングで、充電されなくなってしまったようです。

200kgの車体を今度は、上がり坂目掛けて押して行きます。

しかし、重い・・・・

坂を200m程登った所で、バイクに跨り、坂道を下りて行きます。
充分にスピードが乗ったところで、ギアを入れてクラッチを繋ぎます。

・・・ダメ。

「体力の限界です・・・」
千代の富士の引退記者会見の様な台詞を掃きつつ、自走を諦めました。

確か、任意保険でロードサービスが付いてたよな・・・

アウトバンも引き揚げに来てくれると言ってくれてますが、宜野湾から名護まで来てもらうのも悪いな・・・。

そんな事が頭をもたげて、レッカーを呼びました。

なんか、最近レッカーと縁があるな・・・。

家について、早速レギュレーターを点検しました。

IMG_3272.jpg
見事にカプラーが焦げています。ヤバイですよね・・・。

IMG_3275.jpg
レギュレーター側の端子も変な方向に。

過充電なのでしょうか?
レギュレーターで出力電圧を制御出来ていない?

とりあえず、サービスマニュアルに則って、テスターで各端子間の抵抗値を測定してみましたが、正常です。
サービスマニュアルには、抵抗値以外にも、豆電球と12Vバッテリー3個を使ってテストする方法が記載されているのですが、バッテリー3個も、豆電球も持ってないのでパス。

取りあえず出来る事として、この焦げたカプラーを交換する位しか出来ない。
「沖縄電子」に行って同型のカプラーを購入しました。
IMG_3278.jpg
レギュレーターが怪しいのですが、念の為、ピックアップコイル、ICイグナイター、オルタネーターもチェックしました。
異常は見当たりません。

バッテリーを交換すると、何事も無かったかの様にエンジンは始動します。

そう言えば、今付いているバッテリーはこの間、ビキニカウルを購入する際に、送料を無料にする為に一緒に購入した激安品でした。

良く中華バッテリーはすぐダメになると聞いていましたが、まさかバッテリーが原因?

レギュレーター含む、充電、スターター系統は、問題無しと出ているので、バッテリーなのかも。

念の為、ゼファー750のエンジンを購入した人にレギュレーターとイグニッションコイル、イグナイターを借りて来て原因を確認中です。

この間、関東ローカルゼファークラブの椿さんが、昇圧回路がトラぶったと連絡を受けたばかりでしたので、一瞬そこも疑いましたが、そこは大丈夫でした。

今は、充電器でしっかり充電した別のバッテリーを乗せて走っています。

気になるのが、走行中に電圧計が15.4V位まで上がる事です。
サービスマニュアルでは14-15Vと記載されているのですが、上がりすぎでしょうか?
posted by kenken at 16:06| 沖縄 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月23日

タイヤ交換 PIRELLI SPORT DEMON

去った10/19(日)に、同級生に誘われ、初めて参加するグループのツーリングに行って来ました。
今回は、そのツーリングに行く前の話。

この同級生は去年、私が大型免許教習をしていた教習所の送迎運転手をしており、去年の3月頃から自分が「バイクを購入したらツーリングに行こうな!」と言ってくれていました。

しかし、時は流れあれから1年半・・・・
一向にツーリングの連絡は無く、つい先週、忘れた頃にメールが入ってきました。

久しぶりに会う同級生との再会を楽しみに二つ返事で、その前にスリップサインの出ているタイヤを何とかしようと思い、タイヤを物色。

ちなみに現在履いているタイヤはFがブリジストンのS20、リヤはダンロップのGT601。

フロントにハイグリップラジアル、リヤにツーリングバイアスと言う変な組み合わせ。
基本的にフロントに良いタイヤを履けば、リヤは溝さえあれば何でも良いと言う考え。

本来は前後共に同じ銘柄のタイヤを履かすのがベストなのですが、金持ちに成る途中の私としては、どこかで妥協しないと行けませんでした。
ゼファー750は元々は前後ともバイアスタイヤなので、フロントだけでも現在のハイグリップタイヤを履いて見たかったのでした。

S20はグリップは良いし、寝かせても転ぶ気がしないタイヤで良かったのですが、8,000kmも走らずにスリップサインがでました。
少し後に交換したリアタイヤのGT601ですが、ツーリングタイヤで長寿命を期待していましたが、時を同じくしてスリップサイン。

S20のFタイヤと同じ位の寿命なら、GT601を履かす意味は無い。
かといって、前後共にハイグリップ履かすには、予算的にもキツイ。

テストライダーさんのブログを読んで、ブリジストンのT30に興味も出たのですが、こちらも高い。

ダンロップのα13は、かなりグリップが良くジムカーナしているメンバーも好んで履かせていますが、寿命が短く、月2回のツーリングとジムカーナで3ヶ月で終了するらしい。

そんな不経済なタイヤにお金を出すわけにもいかず、どうしようか考えた挙句、ヤフオクで前後セット¥16,800の「PIRELLI SPORT DEMON」を発見。
送料も沖縄まで¥1,600で合計¥18,400とお得。

これなら、ハイグリップタイヤ1本分で2本買えちゃう!
直ぐに落札し到着を待ちます。

タイヤチェンジャーを借りれば、交換自体は自分で出来るのですが、問題はホイールバランス。
知り合いの工場には、4輪用のバランサーしか無く、二輪用のバランサーは専門店にしか基本置いていません。

でも、聞いた話だとバイクのホイールバランスは車ほど神経質にならなくても大丈夫と言う話も聞きます。

まっ、タイヤ安く買えた訳だし、とりあえずホイールに組んでハンドル振るならバイク屋さんに持ち込んでバランスだけ取れば良いか!

到着したタイヤ。
IMG_2685.jpg IMG_2687.jpg

5段階中、ドライグリップ4、耐久性は3だそうです。

IMG_2688.jpg

日が暮れたので、作業用ライトでホイールの脱着。

IMG_2690.jpg

フロントタイヤ交換後。

時間も時間なので、この日はフロントだけ交換し、別の日にリアタイヤも交換しました。

IMG_2786.jpg IMG_2785.jpg

100kmの慣らし運転を終え、テストコースで試走したところ、乗り心地が良くなりました。
バイアスタイヤの限界は低いイメージでしたが、中々グリップも良いです。
スポーツバイクでサーキットをガンガンに攻めるので無ければ、ゼファー750で峠やツーリングにはバイアスタイヤでも良いかも知れません。
少なくとも、私の腕ではラジアルタイヤのオイシイ所を引き出せてるとは思えず、バイアスタイヤで充分だと思いました。

懸念していたハンドルのブレも無く、不便はありませんので今後はネットでタイヤを購入してバランス取り無しで装着する方向で行きそうです。
posted by kenken at 23:49| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月28日

ゼファー750のパワーチェック

5/25の日曜日、ツーリングが終わった後、ゼファー750の現状を把握すべく、シャーシダイナモでパワーチェックしてきました。
チェックを依頼したのは、北谷町にあるパーツ用品店「Produce」(プロデュース)さん。

しかし、今回お邪魔したのは、北谷の店舗ではなく、宜野湾ガレージ。
お店と少し距離が離れていますが、沖縄県内で2輪用のシャーシダイナモを設置しているのはこちらだけみたいです。

私のゼファー750は、エンジンとキャブレターはノーマルですが、点火系、吸排気系を手を入れており、体感的にはノーマルとは比べられない位、パワーアップしています。・・・パワーアップしている筈です!。

あくまでも、私個人の体感値なので、客観的にどれ位なのかを数値として残して置きたいと考えていました。
今年の3月位からパワーチェックの予約を入れようとしていたのですが、Produceさんが作業が立て込んでおり、GWの連休明けじゃないとできないとの事で、ようやくこの日に予約する事ができました。

ゼファー750をシャーシダイナモに乗せます。

全開で高回転まで回したあと、アクセルをOFFにするとエキパイの方から白い煙が・・・
おまけにマフラーのテールからも煙・・・。
排気もれ&ピストンのオイルリングがヘタっている様です。
こんな事もシャシダイに乗せないと気付かなかったりしますので、健康診断にもなりました。

そして、気になるパワーですが・・・。
その前にゼファー750のエンジンパワーはカタログ値で68psです。
これは、エンジン単体での出力値ですので、今回の様な後輪出力とは数値が異なります。

一般的にはエンジン単体出力の85%〜90%位が後輪出力と言われています。
つまり・・・

ゼファー750の後輪出力 = 68 × (0.85~0.9) = 57.8ps ~ 61.2ps(予想)

今のバイクからすると低いですね。
自分のゼファー750は下記のチューニングを施しております。

・排気系:
 マフラー:NGCエキゾースト

・吸気系:
 キャブレター:CVK32(ノーマル) PJ:45、JN:ノーマルより-0.01mm細い、MJ:140
 エアクリーナー:S&Sパワーフィルター

・点火系:
 プラグ:NGK DR9EA(ノーマル) ギャップ1.3mmに拡張
 昇圧回路:オーディオQ DC-DCコンバーター 16V

あとは、馬力とは関係無いブレーキの強化やハンドルの変更などです。
自分の体感的には恐らく70psは出ているんじゃないかな?と思っています。
さて、結果やいかに!?

↓クリックで拡大
Power Check (zep750).bmp
馬力:64.17ps! 低っ!

まあ、アレですよ、アレ。
平成3年登録の23年前のバイクだし、走行距離も65000km以上走っているから、新車時よりパワーアップしていると考えれば上出来ではないでしょうか?
上出来どころか、凄くね!?(言い聞かせる)

空燃比はいい感じじゃないですか?
空燃比計買ったけど、借り物のNGCに取付する訳にはいかないので、体感とプラグのチェックでセッティングしたんですが、アイドリング付近は14.7、アクセル開度全開時には12で推移しています。

おまけに、気付いていなかった、排気漏れやオイルを若干噴いているので、これらが改善されれば、ノーマルエンジン、ノーマルキャブレターでもいい感じになりそうです。

キャブレターもエンジンもフルノーマルだしね。キャブはイジッている範疇に入るのかな、一応。
まっ、しかし今後、CVK34や、FCR、TMRなんかのキャブレターチューンも残っているし、エンジンもピストンリングを一式変えるだけで圧縮なんかも良くなるだろうし、ボアアップなんかした日には、もっと、も〜と、タケモット〜てな感じでパワーアップしちゃうだろうから、全然大丈夫ですよ。

アハ、アハ、アハハ。
(排気漏れ直したら70psいかないかな?・・・)



posted by kenken at 20:01| 沖縄 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月24日

フロントブレーキパッド交換

相変わらず梅雨でシトシトしておりますが、今度の日曜はゼファークラブのツーリングです。
沖縄県内でゼファーに乗っていて、ツーリングに参加されたい方は是非、下記の沖縄ゼファークラブの会長R・Hさんにご一報下さい。
同じゼファーを愛する者同士、ツーリングを楽しみましょう!


さて、私のゼファー750ですが、月1,2回のロングツーリングにジムカーナ練習会、ボッチツーリング等で結構な距離を走っております。
Fブレーキパッドもキャリパーを交換した後、新品に交換したのですが、残容量が気になっていました。

実際にこの1年で1万キロ近く走行しているので、そろそろかなぁ〜とは思っていたので、全開のゼファー1100のインシュレーターを注文するついでにフロントブレーキパッドも注文しておきました。

自分のはNSR250のキャリパーに変更していますので、それ用を注文します。
ホンダはカワサキと違いネットで部品番号を調べる事が出来ないので、今回は社外品を注文しました。

IMG_0513.jpg
「ヤマシダ」ってメーカーらしいです。




NSR250用は「SX」と「NEW SX」と2種類あって、「NEW SX」が効きが良いみたいなのでこちらを購入しました。

お値段は1組税込み1028円。安いです。

2組買っても2056円なので、試してみるのに躊躇しない金額で良心的だと思います。

※注意! 
上記ブレーキパッドはNSR250R(MC18)用です。キャリパーをNSR250用に変更している方向けです。
ゼファー750用ではありません。


ついでにキャリパーセパレーターも購入しました。
ヒロチー/キャリパーセパレーター 薄型



古いブレーキパッドを見てビックリ!
IMG_0596.jpg
殆ど残っていませんでした・・・。
縦溝がほぼ無くなっていました。危ない、危ない。


試乗してみたところ、まだ当りは出ていない筈ですが良く効きます。

制動力には全く問題ないです。

あとは、耐久性。どれ位持つかですね。

時々パッドの残量を気にしながらどれ位のサイクルで交換が必要か様子を見てみます。

posted by kenken at 12:49| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。