ブログランキングへ登録しております。 応援の1クリックを!

2016年04月08日

フロントサスペンション変更

皆様こんにちは。
本土では桜の季節が到来しましたね。
お花見はされましたでしょうか?

さてさて、今回は、ゼファー750乗りの皆様に耳寄りな情報をお届けいたします。

ゼファー750のF足回り、ふわふわしますよね?
特に高速コーナーを旋回中に、前後に揺れるのが恐怖だったりします。

そんな訳で、フロントスプリングにプリロードを掛けて乗っていたのですが、それも根本的な解決にはなりませんでした。
社外品のスプリングが2万円前後で販売されていますので、それらを入れれば話は早いのですが、
そこは、「これから金持ちになる」方には、少ない小遣いを捻出するのも大変な事だと思います。

そこで、目を付けたのが同じ41ΦのフロントフォークであるER-6Nのスプリング。
2本注文しても5,000円弱なので、これから金持ちになる方も安心。

005.JPG

左:ER-6N 右:ゼファー750
自由長が100mm程ER-6Nが短いです。


035.JPG


036.JPG
自由長が短くなった分、カラーで辻褄を合わせます。
ステンレスのパイプを買ってきて、高速カッターで切断するだけなので、簡単です。

肝心のバネレートですが、カワサキのサービスセンターに問合せたのですが、非公開だそうです。
計算でバネレートも算出してみます。

・ゼファー750
線径:4.35mm バネ中心径:29.4mm 有効巻数:18巻

(4.35の4乗×8000)÷(29.4の3乗×18×8)=0.782kg/mm

・ER-6N
線径:5.05mm バネ中心径:29.4mm 有効巻数:26巻

(5の4乗×8000)÷(29.4の3乗×26×8)=0.945kg/mm

ER-6Nのフロントサスは、ゼファー750よりも若干硬めになっています。
まずは、この状態で試乗してみて、柔らかければサスカットして任意のバネレートにしていこかと思います。

装着後、沖縄カートランドに持ち込んでみましたが、前後のピッチングも抑えられており、大分安定しています。
この費用でこの効果ならアリだと思います。
社外のサスペンション導入をご検討されている方は、いちど5,000円の出費で試されては如何でしょうか?

ER-6N用
スプリング(フロントフオ-ク)
部品番号:44026-0165
2,462(2,280)×2=4,924円


posted by kenken at 13:30| 沖縄 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | TUNE UP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月24日

フロント足回り強化計画

皆さんこんにちは。kenkenです。
バイクに乗るには、気持ちの良い季節になってきましたね。
どうか安全運転で楽しんでください。

ところで、ZEPHYR750のフロントフォーク、柔くないですか?
コーナーリング中に、フロントフォークが上下にふわふわとした不安定な挙動をしませんか?

僕のバイクだけではなく、沖縄ZEPHYRCLUBのメンバーも、強化スプリングに変更したり、プリロードを掛けたりしていますので、ZEPHYR750全般に言える事だと思います。

私のフロントフォークも、納車直後にオイル漏れがありましたので保証でオーバーホールして貰ったのですが、直ぐにまたオイル漏れがありました。
騙し騙し乗って来たのですが、今回フロントフォークを強化しようかと企んでいます。

色々プランがあります。

まず、一番手軽なのが、アフターパーツで販売されている、プリロード調整式のフォークキャップに変更する方法。
こんな物ですね。
A6-351-457-000.jpg

早速、ヤフオクで41Φフォーク用のを注文しました。
届いた商品を取り付けるため、ノーマルキャップを外し、イザ取り付け。

.....固定できない。

ノギスで直径を測った所、1mm程、購入したものが細いです。
安物買いの銭失いですね・・・。

POSHから1万なんぼか出せばちゃんとしていそうな物があるのですが、プリロード掛けるのに、お金をそこまで掛ける気にはなれません。

次に考えたのが、お金が掛からない、フォーク内に入っているカラーを純正より長い物を入れてプリロードを掛ける方法。
金物屋に行って、カラーと同径のステンレスパイプを購入し、純正より+5m〜10mm長くカットしてみました。

677.jpg
一番左側が純正カラー。長さ違いで3タイプを用意しました。

676.jpg

早速、フロントフォークが伸び切る様にジャッキアップし取り付けしました。
バネが最初から縮められていますので、初期作動は少し固めになりました。
ヤンバルに行って確認しましたが、まだ、コーナーリング中に上下に動き不安定です。

うーん・・・、プリロードを掛けても初期の動き始めが変わるだけだから、基本的にバネレートを上げないと変わらない事を体験しました。
こうなったら、あのスプリングを流用するしかないか・・・。

570.jpg

639.jpg

KAWASAKI ER-6N。
こいつのフロントフォークは41Φ。
主に酒を盛って、寝ている隙にフロント足回り一式をゼファーと入れ替えるのが手っ取り早いのですけどね。

パーツリストとカワサキのサービスセンターに問い合わせたところ、下記の通りでした。
部品番号:44026-0165
価格:2,462(2,280)×2=4,924円
自由長:301.3mm(ゼファー750:402.5mm)

ZEPHYR750より自由長が約100mm短いので、その分長いカラーを作成して取り付ければOK。
ER-6Nに乗った感触は、ゼファー750よりしっかりしていて、バネレートが高めな印象です。
スプリングだけ交換するなら、値段も安いですし、社外品のパーツを付ける前に試してみるのもまた、楽しそうです。

しかし、私のフロントフォークは、インナーチューブも取り替えなければイケない状況ですので、それらを計算すると・・・


インナーチューブ:16,416 ×2 =32,832円
ER-6N用スプリング:2,462 ×2 =   4,924円
合計:37,756円

スプリングだけ交換するのであれば、5,000円弱でかなりリーズナブルに試せるのですが、インナーチューブが高いです。
これにプラス、オイルシールやフォークオイルを加算すると5万円近くになります。

という事で、別の方法でフロント周りを強化しようと思います。
これについては、次回。

posted by kenken at 15:26| 沖縄 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | TUNE UP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月24日

750TURBO用クラッチ流用

平日休みを利用して、滑っていたクラッチを交換しました。
交換したクラッチは「750TURBO」用。

関東ローカルゼファークラブ(K.L.Z.C)さんのサイトを参考にさせていただきました。

非常に興味深い記事ですので、ゼファー750オーナーは是非一読される事をお奨めいたします。

記事を編集された、関東ゼファークラブの皆様へ感謝いたします。


IMG_2784.jpg

今回購入したパーツ。

○必要な部品は下記の通り。
(※以下、No.の後は純正品番) 

・フリクションプレート
No. 13088-1052 8枚必要 1,004(930) ¥8,032(税込)

・クラッチプレート   
No. 13089-022 7枚必要 821(760)¥5,747(税込)

・クラッチスプリング 
No. 92081-1176 5本必要 400(370) ¥2,000(税込)

・クラッチカバーガスケット(ゼファー750純正)
NO.11009-1984 1枚 \1091(税込)

合計:¥16,870(税込)

市販強化クラッチに比べて、コストパフォーマンスに優れているでしょ?


IMG_2780.jpg

まずは、サイドスタンドの反対側のフレームをパンダジャッキで持ち上げます。
これは、バイク屋の「アウトバン」で見たテクニックです。

サービスマニュアルには「エンジンオイルを抜く」と一番最初に記載されているのですが、
こうやって車体を傾けておくと、クラッチカバーを外しても殆どエンジンオイルがこぼれません。

プロの技ですよね。こう言うのって。
流石です。

IMG_2787.jpg

レバー側、クラッチ側と両方のワイヤーを外します。

IMG_2788.jpg

実際にクラッチカバーを外してこぼれたオイルは写真の様に極少量。
その為、オイルの継ぎ足しも極少量で済みます。

エンジンオイルを全て抜いて、クラッチカバーを外しても、カバーの内側に残っているオイルが、どうしても、これ位は出てきます。

今回、何故オイルを抜かなかったのか?と申しますと、つい最近オイル交換したばかりでまだ2,000kmしか走って無いからです。

しかも、金属を修復する添加剤「ナノドクター」を添加しているのです。
ナノドクターの説明書によれば、「添加後1,000kmで金属の修復を行います」との事なので、交換するには早過ぎるのでありま〜す。

ところで、上の写真を見ていただくとお分かりの様に、ガスケットが一切剥がれず、綺麗にカバーだけが外れました。
ガスケットそのまま再利用しようかと迷いましたが、オイルが漏れてもう一度作業するよりは、新品に交換する事にしました。

IMG_2790.jpg
クラッチハウジング内に収まっているクラッチASSY。
最後の1枚だけ(写真手前側)ずらして装着されています。
これは、サービスマニュアルに記載されていませんが、ハウジング自体はその様に溝が切られていますので、この通りに組みたいと思います。

全部同じ爪の向きでも支障は無いのでは?と疑問が頭を過ぎります。
どなたか理由をご存知の方がいらっしゃれば教えてください。

IMG_2796.jpg
IMG_2797.jpg
クラッチスプリングを外した状態。
上:フリクションプレート。 下:クラッチプレート。

IMG_2793.jpg

IMG_2792.jpg
外したクラッチスプリングの比較。
左:ゼファー750用(33.1mm)、右:750TURBO(35.2mm)。
巻数:7、線径:2.9mmは共通。
バネの原理で、線径、巻数が一緒の場合は自由長が長い方がスプリングレートが上がる。(硬くなる)

IMG_2798.jpg
クラッチプレートの比較。
平面で見る限り違いはありませんが...

IMG_2799.jpg
厚みが異なります。
上:750TURBO用(約2.3mm)×7枚=約16.1mm
下:ゼファー750用(約3.3mm)×6枚=約19.8mm

IMG_2806.jpg 
フリクションプレート。
IMG_2807.jpg

IMG_2808.jpg
両方とも厚みは約3.1mmで共通。
上:ゼファー750(7枚:約21.7mm) 
下:750TURBO(8枚:約24.8mm)

フリクションプレート全体での差は約3.1mm。
先程のクラッチプレートの差と相殺して、クラッチシステム全体ではほぼ同じ厚みになります。

1枚ずつ測定した厚みを合計したのと全体を実測したのでは、若干誤差が出ました。

クラッチシステム実測値
・ゼファー750:約40.5mm 750TURBO:約40.3mm

見た目、ゼファー750用は減っている用には見えませんが、こんなに綺麗でも4速7,000回転から滑り出します。
実際、ノギスでの測定でも減っていないのですけどね。
右の750TURBO用は違う材質がブレンドされているのが解ります。

IMG_2810.jpg
IMG_2809.jpg
1枚ずつ、オイルに浸して丁寧に組み付けます。


IMG_2811.jpg
IMG_2812.jpg
勿論、取り外し時と同じく、最後の1枚は、爪をずらします。

IMG_2814.jpg
スクレーパーとマイナスドライバーでガスケットを剥がして、オイルストーンで合わせ面を馴らします。細かい引っかき傷もこれで消えます。

IMG_2815.jpg
完成。
さてさて、どうなる事やら・・・。

IMG_2817.jpg
今回使用した工具&ケミカル達。
・パンダジャッキ
・トルクレンチ
・8mm、10mm ラチェットレンチ&ボックス
・エクステンション
・12mmスパナ×2本
・スクレーパー、マイナスドライバー
・液体シリコンガスケット
二硫化モリブデングリース

以上で、クラッチ交換完了です。
自分のゼファー750はエンジン、キャブレターノーマル、パワーフィルター&集合管、点火強化位。
シャシダイナモで後輪64ps程度。
750TURBO用のクラッチを流用しましたが、パワーが上がると容量不足になるそうです。

参考WEBサイト
820cc位までなら、この750TURBO用のクラッチで大丈夫みたいですが、900ccにボアアップすると、5分位で焼きつくそうです。
FCCのTYPE Gにしないとダメらしいです。
posted by kenken at 02:01| 沖縄 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | TUNE UP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月24日

ホンマモンのハイスロ取付

皆さんこんにちは。
ここ沖縄では今週は晴れの1週間になる筈でしたが、木曜日から雨が降り出しています。もうやだ〜(悲しい顔)
木曜日休みだったのですが、バイクに乗れずじまい。
そして、今日5/24(土)は快晴。
俺の時間を「返せい」って感じです。

さてさて、オヤジギャグはこれ位にして、この間ZRX1200R用のスロットルを流用した「なんつってハイスロ」を装着したのですが、思った程ハイスロになっておらず、ついにアクティブのハイスロに手を出してしまいました。

ええ、そりゃ勿論、ブツが家に届かない様に配送会社の営業所止めで入手しましたよ。
この間、佐川急便が私が不在なので気を利かせて職場まで持って来てくれたのですが、カミさんと同じ職場の為、一気に不機嫌になりましたからね。同じ轍は踏みません。

で、こっそり受け取りに行ったのがこちら。
IMG_0510.jpg
アクティブのハイスロ TYPE3です。
Z2タイプのハンドルに変えているので、ワイヤー長は少し長めで1050mmを発注しました。
肝心のスロットル径は44φ。

こちらで購入できます。

取り付けの為、裸にします。これが本当のネイキッドバイク。
IMG_0541[1].jpg

IMG_0542[1].jpg
ノーマルスロットル。

交換した後、雨が止んだのを見計らって試乗してきました。
やっぱり、ホンマモンは良かですよ。

ACTIVEに因ると44φでアクセル開度は61°になるとの事。
ノーマルが97°らしいので、その差は歴然です。

全然違いますよ。
「クイッ」と一捻りで直ぐ全開です。
私が求めていたのはこの感触です。

これでようやく満足いく仕様になりました。
今度のツーリング楽しみです。
posted by kenken at 12:34| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | TUNE UP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月30日

パワーフィルター変更取付

さて、先日到着したパワーフィルター。
以前のパワーフィルターがフレームに当っているので、フレームに当らなそうな物を探して注文しました。
それで見つけたのがこちら。


S&S/AIR STREAM オーバルフィルター

S&S/AIR STREAM オーバルフィルター


新旧のパワーフィルターを比較してみると、その高さの違いが判ります。
IMG_0421.jpg

自分が気になっていた所の一つ。
取付部分の内径。
IMG_0423.jpg
旧パワーフィルターは内径が狭くなっています。

早速取付を行いますが、予想外にフレームに当ってしまいました・・・。
あれほど寸法を測って注文したのに・・・。

ちなみに、下記がS&Sパワーフィルターの寸法図です。
ssoval2.jpg
上記寸法ですが、正確ではありませんでした。
フィルター本体の横幅は69mmとなっていますが、実際は74mm位あります。
隣のフィルターと干渉もしてしますのです。

仕方がないので、取付部分のゴムをカッターで切り取り少しでも全長が短くなるように加工しました。
そして、無理矢理取付。
IMG_0424.jpg

ほんの少しですが、フレームに当っています。
写真では見えませんが、実は隣のフィルターとも干渉しています。

・サイドカバーを装着
IMG_0433.jpg

なんとか、取付は出来ましたが高い金を出した割には満足度は低かったです。
ゼファー750のフレームとのクリアランスと隣のキャブとのクリアランスが狭いせいもありますが、もう少し、全長と幅を抑えた製品があればと思います。
ちなみに、この製品はメーカーサイトを確認すると、ゼファー400対応品となっていますので、750と1100には取付は基本的には行えないと思ったほうが良いみたいです。

・PMC S&S POWER FILTER
http://www.win-pmc.com/s_s/air_stream.html
posted by kenken at 09:27| 沖縄 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | TUNE UP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月29日

純正流用スロットル取付

先日到着した、パワーフィルターとZRX1200R用のスロットルですが、去った4/5(土)にツーリングに間に合わせる為に急遽取付を行いました。

・左:ゼファー750純正、右:ZRX1200R純正
IMG_0410.jpg
直径で5mm違います。

・ゼファー750純正をホルダーに装着した状態
IMG_0420.jpg

・ZRX1200R用純正をゼファー750のホルダーに装着した状態
IMG_0419.jpg

直径は大きいですが、ギリギリホルダーに収まります。
取付直後、アクセルを開けるとスロットルが元に戻りませんでした。
巻き取り量が増えた分、遊びが無くなり戻らなくなっていました。
シート、タンクを外し、アクセルワイヤーの引き、戻し両方とも最大限緩めて遊びが出るようにしました。
これで、スロットルもノーマル同様戻るようになりました。

インプレですが、結論から言うとほんの少しだけ、手首を回す量が少なくなった位で、ハイスロと呼べる代物ではありませんでした。

ゼファークラブでハイスロを装着している方複数のマシンでスロットルを触らせて貰いましたが、本物のハイスロは手首を「クイッ」と一捻りで直ぐに全開になります。
感覚的には45°位で全開になる感触でした。

ZRX1200R用を流用したところで75°程度の開度ですので、ノーマルよりはマシになった程度で到底満足行く物ではありませんでした。

しかし、純正部品だったので1750円と試してみるには良い題材でした。
また、水道用の塩ビパイプを加工して、ゼファー750のスロットルを40φに加工もしてみたのですが、こちらはホルダーに収まりませんでした。

今回の収穫は専用品のハイスロを購入する前にφ数による違いが確認出来たことです。
アクティブのハイスロは32φ〜44φ、EVOなら56φまでありますので、小さいφ数を購入してしまって、お金を無駄にする事がなくなったのが収穫です。

1万円以上する商品を1700円程度で見極めが出来たわけですから、上出来です。

今度、私がハイスロを入れるとしたら、44φですね。
それで、スロットル開度が61°になるとの事です。

・POSHハイスロ スリムラインハイスロットルキット

POSHポッシュ/スリムラインハイスロットルキット

POSHポッシュ/スリムラインハイスロットルキット ZEPHYR400

特徴:純正のスイッチがそのまま使えるので、リーズナブル。グリップは附属しない。

・ACTIVE 汎用ハイスロットルキット[TYPE-3]

ACTIVEアクティブ/汎用ハイスロットルキット[TYPE-3]

ACTIVEアクティブ/汎用ハイスロットルキット[TYPE-3]

特徴:別途スリムタイプのスイッチが必要。左右のグリップセット。インナーパイプを変更する事で、アクセル開度の変更が可能。
posted by kenken at 14:00| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | TUNE UP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月26日

他社純正部品流用ハイスロ

実は先日、パワーフィルターと一緒に注文していた物があります。
それは、「ZRX1200用スロットル」。
これが、ゼファー750に流用すると、ハイスロになるらしいのです。

調べてみると、ゼファー750のスロットル径が32φで開度が85°
対して、ZRX1200のスロットル径は37φで開度75°
同じKAWASAKI車なので、流用も簡単では無いかと勝手に思い、即座に注文。
品番:46019-0001、価格は¥1750でした。
これで、ハイスロになるんだったら、市販品を購入するのがアホらしくなります。

注文した後に、色々調べてみると、この他にもYAMAHAのYZF-R6用の40.7φのスロットルを他車種に流用するのがあるらしいです。
これ結構有名らしいですが、知りませんでした。

さてと、ZRX用のスロットルも入荷しましたので、パチリ。
こんな感じで梱包されてました。
IMG_0401.jpg

ゼファー750用スロットルと並んで記念撮影。
IMG_0411.jpg
ZRX1200用が少し全長が長いです。

・スロットル巻取り部分
IMG_0406.jpg
IMG_0410.jpg
こうしてみると、ワイヤーホルダー部の大きさが結構違いますね。

・ゼファー用測定
IMG_0408.jpg

・ZRX1200用測定
IMG_0409.jpg

どちらも調べたのと寸分違わず、ゼファー:32φ、ZRX:37φでした。
直径で5mmの違い、開度10°の違いっていかほどのもんなんざんしょ?

まだ、取付けていないのですが、装着が楽しみです。
posted by kenken at 10:22| 沖縄 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | TUNE UP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。